2017年11月18日

歳をとると叱ってもらえない

(読了目安2分)人気ブログランキングへ

子供は「叱られるのが仕事」みたいなところがあります。
叱られることで多くのことを学び、成長していきます。
きっと20代までは叱ってもらえるかもしれませんが、
30代になると、なかなか叱ってもらえなくなります。
そして40代になると、ほとんど誰も叱ってくれなくなります。
多くの場面で自分が目上になってしまうからです。


「歳をとるほど他人からなにも言ってもらえず、
成長するチャンスが遠ざかる」

ということです。


また、「あの人は叱っても変わらない」というあきらめや、
「あの人を叱って嫌われたらどうしよう」という恐れなど、
周囲のマイナス感情も、叱ってもらえなくなる原因です。


自分が成長するには、叱ってくれる人を大切にする必要があります。
でも、感情的になって叱る人の言葉は信じてはいけません。
「愛がある叱り方」で叱る人、これが大切です。


「愛がある叱り方」というのは、基本的にいつも穏やかです。
たとえ強い口調の叱り方でも、
それが終わればその人はすぐに穏やかになります。
そして、叱った側にも叱られた側にもストレスは溜まりません。


叱ったことでストレスが溜まるのは、相手に対する愛ではなく、
自分の不快を減らすのが目的だったり、見返りを求めたりするからです。
また、叱られることでストレスが溜まるのも、
相手に対する反発など、自己主張が目的になるからです。
自分が成長するチャンスになると思えれば、
叱られてストレスになるはずはありませんよね。


あなたが誰かを叱る時、自分の不快の解消のためなのか、
相手のことを本気で考えたからなのか、自問してみてください。
愛がある叱り方がどんなものか、理解できると思います。
叱ってストレスが溜まるなら、愛のない叱り方だということです。


では、愛がある叱り方ができる人って、どんな人でしょうか?


それは、ストレスを溜めない生き方を実践している人たちです。
具体的には、酒、タバコ、ギャンブル、女(男)遊び、
過食、過趣味などに縁がない人です。
もしあなたが叱られたときに愛を感じるなら、
上記のような人から出た言葉のはずです。


「愛がある叱り方」で叱ってくれる人は、なによりの財産です。
大切にしてくださいね。


余談ですが、酔うと愚痴や批判ばかりになる精神的指導者や、
女性信者に手を出す宗教指導者から叱られても、
それは愛ではありません。
お酒を飲む時点で、緊急時になにもできなくなるわけですから、
指導者として失格です。
愛を実践している人から出る言葉を信じましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在4位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。


今日は28年来の友達2人がバイクで遊びに来てくれました。
その他にも10年来の常連さんたちが来てくれたり、
近所の人が来てくれたりと、雨にもかかわらずにぎやかでした。
中でもマスターが感心したのは、常連さんたちとはいえ、
娘が、大人に混ざって会話をしていたことです。
もちろん、常連さんたちが会話を合わせてくれたことが大きな理由です。
しかし1時間以上大人の中で大笑いしながら会話に参加していたのは、
厨房で仕事をしていたマスターにとってはとても嬉しいことでした。

厨房で仕事をしているマスターが印象に残ったのは、
「腹筋」の話題になったときです。
「シックスパック」になるには・・・みたいな話のときのことでした。
「おでこをシックスパックにしたらおもしろいよね」
という常連さんの言葉に娘が大ウケし、
その後、「二段腹とか三段腹」の話になっていたと思ったら、
「六段腹とシックスパックだったらどっちがいいか」という話になり、
娘が大ウケして笑っていました。
マスターは、そんな娘のリアクションを聞いて喜んでいました。
閉店間近まで常連さんがたくさん来てくれ、
閉店直前には、結婚した常連さんが、夫を連れてきてくれました。
妻はそのまま2時間ほど話していました。
たくさんの人に囲まれて楽しい営業ができ、
仕事そのものが娯楽になっていることに感謝しました。